自分で車の塗装を行う方法を解説

自動車の場合では、特にガレージなどを利用しておらず、野ざらしの状態で駐車させている場合では、ボディの塗膜に劣化が見られる場合があります。酷い状態では、表面のクリアコートが無くなってしまい、ボディカラーが剥げ落ちてしまっている状態もあり再塗装を行うことを希望している方もいます。また、本来持っているボディカラーを趣味として新しく変えることを希望されている方も多く、このケースでも自分で自動車の塗装を行うことを希望されている方もいます。一般的には修理工場などを利用して全塗装を行うことが広く行われている方法になりますが、自己流でも綺麗に塗装を行う方法は用意されているので、手順を十分に把握した上で施工を行ってみることがおすすめです。施工手順を間違わずに行う方法で、見違えるような自動車に変えることができます。

下地準備をしっかりと行う方法について

自分で自動車のボディの塗装を行うことを希望されている方の場合では、下地準備をしっかりと行うことが最も大切なことです。作業の中にはボディに付着している汚れや油分などを全て綺麗に落とすことが大切になり、傷などが付いてしまっている部分、錆が発生している部分に対しては、耐水ペーパーなどを利用して綺麗に磨き上げておくことも基本的な作業です。次にマスキング処理を行うことも大切な作業です。新聞紙やマスキングテープを用いて、塗料が付いては困る部分を全て隠すことが大切なことです。例えば窓ガラス全体やタイヤやホイール、マフラーやグリル部分、ドアミラーなど細かい箇所にまでマスキング処理を行う方法で、下地調整を完了させることができ、スムーズにできる塗装の準備を済ませることができます。

実際にボディに対して塗装を行うための手順

ボディに対して下地調整を終えた場合では、実際に塗装を行うことができます。手順としては、下地塗装用のスプレーを用意することが必要になり、一般的にはグレーの色を持った塗料が販売されています。塗り方は薄く3回程度に分けて塗り広げることがポイントになり、完全に乾燥した状態で重ね塗りを行う方法です。完了後には再び耐水ペーパーを利用して磨き上げる方法があり、次のステップに進むことになります。次には希望しているボディのカラーのスプレーを用いて塗装を行います。下地塗装と同じように3回塗り程度に分けて塗ることがポイントになり、綺麗に塗装を行うことができた場合では最終段階に進むことになります。最終的にはクリアラッカーを用いることが良い方法になり、透明度を持ったスプレーで塗膜の表面を保護するように塗り広げる方法で完成させることができます。用いる塗料は全て自動車用として販売されているものを使うことも基本です。

たくさんのお客様にご利用いただくために朝9時から夜22時まで営業。 激安価格で自動車修理をしています、自慢の料金表を見てください、土日も営業していて夜10時までやっています。 東京都全域、埼玉県全域、神奈川県の一部の地域にお住いの方は無料でお車を引き取り納車することができます。 高級車の修理は高いと思っていませんか?でも、池内自動車の修理は高級車も均一価格です。 車の塗装は池内自動車にお任せ!